バイク天国

みなさんは「バイク天国」といった言葉を耳にしたことがあるでしょう。
そうです、旅行先としても人気のベトナムです。
ベトナムでは「バイク天国」といった言われ方がされているわけですが、その理由は何なのか興味深いところですね。
バイク天国といわれるゆえんは、バイクが非常にのりやすい地域なのか、はたまた税金などが優遇されてバイクが格安で乗れるのか、またバイクが改良された良いものが多いのか、などいろいろ思い浮かぶことと思います。
実はベトナムがバイク天国といわれている理由は、市民の足がほぼバイクだからです。
つまりバイクだらけなのです。
日本だと車が圧倒的に多く、バイクが若干といった感じですが、ベトナムについては明らかに逆です。
バイクが9割なら車は1割です。
近年特にホーチミンは外国人も増え、外資系企業も軒並み増えています。
さらに裕福層も増えていることから、車も増えつつありますが市民は圧倒的にバイクを乗っており、それも半端ではない数となっています。
さらにすごいのが家族みんなで乗るといった光景です。
家族みんなでバイクを乗るといった日本では考えられない光景が当たり前にあるわけです。
このような事情からベトナムではバイク天国と呼ばれています。